Teamsでエクセルやワードファイルなどを共同編集する方法を解説!

Teamsでエクセルやワードファイルなどを共同編集する方法を解説!

こんにちは、アバー・インフォメーションの臼井です。

Teamsユーザーの多くは、TeamsのWeb会議やチャット機能などを主に利用することが多いと思いますが、これらの機能はTeamsに搭載されている、さまざまな機能の一部分に過ぎません。
Teamsはもともと、チームメンバーと共同作業を行うための「コラボレーションツール」であるため、チームメンバーと共同作業を行う時に役立つ、多彩な機能が用意されています。
その中でも、Teams上でメンバーとエクセルやワードファイルなどを共同編集することができる機能は、Teams上でメンバーとリアルタイムで、ファイルの内容の編集・更新できるため、ファイルをいちいちメールなどでやり取りする必要もなく、とても便利です。

そこで今回は、Teamsでエクセルやワードなどのファイルを共同編集する方法について、紹介いたします。

Teamsで共同編集ができるファイルの種類は?

Teamsで共同編集ができるファイルの種類は?

Teamsを通じて、他のメンバーと共同編集を行うことができるファイルの種類は、以下の各種ファイルです。
皆さんが普段仕事で使用する頻度の高い、Officeアプリの各ファイルが網羅されているため、リモートでメンバーとワードファイルやエクセルファイルなどを一緒に内容確認しながら、編集・変更作業ができるので、メールでファイルをやり取りするよりも、効率良く作業を進めることができ、大変便利です。

<Teamsで共同編集が可能なファイル>

①Excelファイル
②PowerPointファイル
③Wordファイル
④OneNoteファイル
⑤Visioファイル(※Visioファイルを編集するには、別途Visioのライセンスが必要となります

余談ですが、Teams上ではOfficeの各ファイルの閲覧、編集を行うことができるため、お手元のPCにOfficeアプリがインストールされていない方でも、Teamsを活用すれば、Offieceアプリの各ファイルを閲覧、編集することができます。

Teamsで共同編集ができるユーザー

Teamsで共同編集ができるユーザー

Teamsでは、「チームで共有されたファイル」と「チャットで共有されたファイル」で、共同編集できるユーザーが異なります。たとえば、チームで共有されたファイルについては、そのチームに参加しているメンバーのみが共同編集が可能で、チーム外のメンバーは共同編集を行うことはできません。
チーム外のメンバーとファイルを共同編集したい場合は、チャットで相手にファイルを共有することで、共同編集を行うことができます。

編集可能なファイル共同編集が可能なユーザー
チームで共有されたファイルチームに参加しているメンバー
チャットで共有されたファイルチーム外のメンバー、チャットの相手

Teamsでエクセルなどを共同編集する方法

Teamsでエクセルなどの資料を共同編集する方法01

それでは早速、Teamsでファイルを共同編集する方法について見ていきましょう。以下では、チームのメンバーと共同編集する方法と、チーム外のメンバーと共同編集する方法のそれぞれについて、紹介いたします。

チームメンバーとファイルを共同編集する方法

Teamsでエクセルなどの資料を共同編集する方法02

Teamsのファイル共有で使用される共有フォルダは、チャネルごとに作成されるため、まずは①共同編集を行いたいメンバーのチャネルを選択し、画面上部の②ファイルタブをクリックすると、チャネルの共有フォルダが表示されます。
共同編集を行いたいファイルが、すでに共有フォルダ内にある場合は、そのファイルを直接開けばOKです。PC内にあるファイルなどを共同編集したい場合は、③アップロードから共有フォルダにファイルを追加することができます。

Teamsでエクセルなどの資料を共同編集する方法03

ファイルの共有はチャネルのチャット画面からも行うことができます。チャット画面でファイルを共有したい場合は、まず①メンバーのチャネルを選択し、チャット画面の下部にあるツールバーの②「添付」アイコンから、ファイルのアップロードを行います。
アップロードが完了すると、チャットのメッセージエリアに、③アップしたファイルが表示されるので、共同編集を行うメンバーはファイルを直接開けば、ファイルの共同編集を開始することができます。

チーム外のメンバーとファイルを共同編集する方法

Teamsでエクセルなどの資料を共同編集する方法04

チーム外のメンバーにファイルを共有して共同編集を行いたい場合は、共有したい相手とのチャット画面をまず開きます。
次に、画面下部のツールバーの①「添付」から、共有したいファイルをアップロードします。アップロードが完了すると、上図のようにメッセージエリアに②アップしたファイルが表示されるので、あとはファイルをクリックすれば編集を開始することができます。

共有ファイルの共同編集を行う

Teamsでエクセルなどの資料を共同編集する方法05

Teams上で共有ファイルを開いたら、あとは普段PCでエクセルやワードファイルを操作する時と同じように、ファイルの内容を編集・更新することができます。
共同編集を行うメンバーが入力した内容は、ファイルにリアルタイムで反映され、また自分以外のメンバーがファイルの内容を編集している際は、そのメンバーが編集操作を行っている箇所に、上図のように色付きの枠が表示され、その枠にマウスのカーソルを合わせると編集操作を行っているメンバーのユーザー名が表示されます。

共有ファイルを共同編集できないようにしたい場合

共有ファイルを読み取り専用に設定する方法01

これまでTeamsで共有されたファイルの共同編集の方法について述べてきましたが、Teamsで共有されたファイルの内容・種類によっては、ファイル作成者以外のメンバーによる編集や更新を制限し、ファイルの閲覧だけに限定して共有したい、というケースも考えれます。
そのような場合は、共有するファイルに「常に読み取り専用で開く」という設定を行うことで、他のメンバーによるファイルの編集・更新を禁止することができます。

共有ファイルを読み取り専用に設定する方法02

ファイルに「常に読み取り専用で開く」設定を行う方法を、エクセルファイルを例に説明します。この設定は、Teams上ではできないため、PCでファイルを開き設定する必要があります。(ワードファイルも同様の手順で設定できます)
まずPCでファイルを開き、ファイル上部にあるツールバーの「ファイル」をクリックします。続いて、上図の画面が表示されたら、画面左サイドにある①「情報」を選び、②「ブックの保護」をクリックすると、設定項目が表示されるので③「常に読み取り専用で開く」をクリックすれば、設定は完了です。

共有ファイルを読み取り専用に設定する方法03

「常に読み取り専用で開く」の設定が行われたファイルをTeams上で開くと、ファイル上部に①「読み取り専用 偶発的な変更を防ぐため、作成者がこのファイルを読み取り専用として開くよう設定しました」というメッセージが表示されるようになるため、このファイルを開いたメンバーに「編集不可」であることを伝えることができます。
また、上記のメッセージの横にある「編集する」ボタンを押せば、編集制限が解除され、ファイルが編集可能な状態になるため、ファイルの編集が必要となった場合は、「編集する」ボタンを押して、制限を解除しましょう。


Teamsはチームのメンバーとの共同作業に役立つ、さまざまな機能が搭載されたツールですが、その中でもファイルの共同編集機能は、メンバーと一緒にファイルの内容を確認しながらリアルタイムで編集・更新作業を進めることができるため、共同作業の効率アップに多いに役立つ機能です。
皆さんも本記事の内容を参考に、ファイルの共同編集の機能を活用して、共同作業の効率アップに役立ててみてください。

Webカメラのデモ機無料貸出しで、高品質なWeb会議を体験

CTA-IMAGE アバー・インフォメーションでは、お客様にWebカメラのデモ機を体験利用いただき、求める機能や、活用イメージの明確化など、導入検討の参考にしていただくため、Webカメラのデモ機無料貸出しを実施しています。

Web会議カテゴリの最新記事