テレワーク(在宅勤務)で集中力アップのコツ!ポモドーロ・テクニックのススメ

テレワーク(在宅勤務)で集中力アップのコツ!ポモドーロ・テクニックのススメ

こんにちは、アバーインフォメーションの臼井です。現在、テレワーク(在宅勤務)でこの記事を書いています。
テレワークに取り組み、まだ数日ですが、実際に自宅で仕事をしてみると、色々と誘惑や気が散る要素も多く、集中力を維持する難しさを感じています。
現在、私と同じようにテレワークに取り組んでいる方の中にも、自宅で仕事に集中するのに、苦労している方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、私がテレワークで集中力を維持するために実践している、ポモドーロ・テクニックという、時間管理術を紹介いたします。

台湾の天才IT大臣も愛用する、ポモドーロ・テクニックとは?

台湾のデジタル担当対人のオードリー・タン
出典:台湾のWebメディア「鳳傳媒」より

新型コロナウイルスの流行で、各国でマスク不足が起きる中、薬局の「マスク在庫」を簡単にスマホで確認できるアプリを開発し、マスク購入に関する混乱をいち早く解消するなど、「天才IT大臣」として、日本でもその名が知られるようになった、台湾のデジタル担当大臣、オードリー・タン(唐鳳)さん。そのオードリーさんも愛用していると言われている、時間管理術が「ポモドーロ・テクニック」です。

ポモドーロ・テクニックは、イタリア人の起業家兼作家でもある、フランチェスコ・シリオさんが考案した、生産性を高めるための時間管理術で、タスクに取り組む際に、タイマーで時間を計測し、設定した時間が終了したら一旦休憩を挟む、ということを繰り返して、集中力を維持するテクニックです。
ポモドーロ(イタリア語で「トマト」の意味)という名の由来は、考案者のシリオさんが学生時代に使用していた、トマト型のキッチンタイマーからきているそうです。

それでは、具体的なやり方を見ていきましょう。

ポモドーロ・テクニックのやり方

ポモドーロテクニックのやり方

まずはキッチンタイマーを用意してください。キッチンタイマーを持っていない方は、後ほど紹介するアプリをインストールしてお使いください。

  1. タイマーで「25分」を設定する。
  2. タイマーが鳴るまで、目の前のタスクだけに集中し、それ以外のタスクには意識を向けない(手を付けない)
  3. タイマーが鳴ったら、「5分間」の休憩をとる。
    (休憩時は、スマホをじったり、SNSを見たりしてはいけません。頭の中を解放するイメージで休憩しましょう)
  4. 上記1~3までの工程を「1ポモドーロ」として、「計4ポモドーロ」行う。
  5. 「4ポモドーロ」を終えたら、15分~30程度の長めの休憩を取る。

つまり、「25分の作業+5分の休憩」を1ポモドーロ(1セット)として、「4ポモドーロ(2時間)」をこなしたら、15分~30分程度の休憩を取る、というルーティングを繰り返していくだけです。非常にシンプルで、わかりやすいですよね!

ポモドーロ・テクニックのメリット

ポモドーロ・テクニックのメリット

ポモドーロ・テクニックの良いところ、なんといってもキッチンタイマーやスマホさえあれば、今すぐに始めることが出来ることです。
こんな簡単に始められるテクニックですが、以下のメリットを得ることができます。

  1. 高い集中力を保つことができるようになる。
  2. 目の前のタスクに集中することで、人の脳が本来苦手とする「マルチタスク」を防ぐことができる。
  3. モチベーションを維持することができる。
  4. こまめに休憩をとることができる。
  5. 効率良くタスクをこなすために、やり方やプロセスを見直すようになる。

やってみると「25分」は意外と長く感じる

砂時計

私が初めてポモドーロ・テクニックをやった際は、「作業に25分間集中するのなんて、楽勝~」と思っていましたが、いざやってみると「あれ?25分って意外と長いかも」と感じました。
作業に取り掛かってる最中も、別のタスクのことが気になってしまい、ついついそちらのタスクに手を出してしまいそうになったりと、意外と自分の集中力が、長く保てないことに気づきました。

自分の集中力が、どれくらい維持できるのかを、客観的に把握できるので、「そろそろ集中力が切れそう」というタイミングで、目の前のタスクに集中力を注ごうと、より意識するようになります。

ポモドーロ・テクニックをうまくやるコツ

うまくやるコツ
  1. その日に取り組む仕事をリストアップし、細かいタスクに分割する。
    一つのタスクが大きすぎると、集中力が低下しやすくなるため、出来るだけ細かくタスクを分割すると良いでしょう。
  2. 目の前のタスクに集中する
    ポモドーロ・テクニックを開始したら、目の前のタスク1つに集中し、マルチタスクは行わない。
  3. 休憩をきちんととる
    ポモドーロ・テクニックを実践し、目の前のタスクに集中できるようになると、ついついやってしまいがちなのが、休憩を取らずにそのまま作業を継続してしまうこと。きちんと休憩を挟むことで、高い集中力が保てるので、休憩は必ずとりましょう。

ポモドーロ・テクニックを行うのに、おすすめのアプリ

おすすめのアプリ

キッチンタイマーを持っていない方は、無料で使えるスマホのアプリや、chromeのプラグインなど検索すれば、色々と見つかるので、自分の好みにあったものを使ってみてください。
ちなみに、私は以下のスマホアプリを愛用しています。操作もシンプルで直感的に使えるので、おすすめです。


ポモドーロ・テクニックを始めたばかりの時は、集中力が切れてしまい、うまくできないこともありますが、だからといって焦る必要はありません。
25分という短い作業時間と、5分の休憩を交互に繰り返すことが、すでに自身の集中力を強化するトレーニングにもなっているので、日々実践していくことで、目の前の仕事に対する集中力が、着実にアップしていることを、いずれ実感できるようになります。

テレワークが始まり、自宅で仕事をする中で、オンオフの切り替えや、集中力の維持の難しさを、今まさに感じている方には、今回紹介したポモドーロ・テクニックは効果的だと思うので、みなさんもぜひ一度試してみてください。

Webカメラのデモ機無料貸出しで、高品質なWeb会議を体験

CTA-IMAGE アバー・インフォメーションでは、お客様にWebカメラのデモ機を体験利用いただき、求める機能や、活用イメージの明確化など、導入検討の参考にしていただくため、Webカメラのデモ機無料貸出しを実施しています。

テレワークカテゴリの最新記事