アバーの4K高画質Webカメラ「CAM540」をレビュー

アバーの4K高画質Webカメラ「CAM540」をレビュー

こんにちは、アバー・インフォメーションの臼井です。

今回紹介するアバーのWebカメラ「CAM540」は、7人~24人程度の大会議室での利用に最適な、4K対応の高画質Webカメラです。
今回は、遠隔会議アナリストとして活躍する、CNAレポートジャパン代表・橋本啓介さんにアバーの4K高画質Webカメラ「CAM540」の機能と性能を検証するため、実機レビューをしていただきましたので、その内容をお届けします。

Webカメラ「CAM540」の製品確認

Webカメラ「CAM540」の製品確認

CNAレポートジャパンの橋本です。働き方改革やテレワークの広がりによって、Web会議用Webカメラへのニーズが高まってきております。従来のコンシューマー向けのローコストな製品から、昨今は高品質な、ビジネス・法人向けに最適化されたWebカメラが増えてきています。そういった中、書画カメラで世界的に実績があり、画像処理技術には定評がある、アバー・インフォメーション(以下、アバー)が法人向けWebカメラとして、力を入れているのが「プレミアムWebカメラ」です。
Webカメラ市場リーダーの一角としての地位を占める同社の、新しいデザインと小型化を実現した、4K対応の高画質Webカメラ「CAM540」を、今回はレビューさせていただきました。

それでは、まず最初に同梱品に関してですが、「CAM540」には以下の同梱品が入っております。カメラ自体が小型化されていることもあり、箱の大きさはコンパクトで重さは2.54kgとなっています。会議室に常設して使用しても良いですが、毎回会議室に持ち運んで使用するのでも全く問題ないモデルだと思います。

<「CAM540」の同梱品>
なお、以下内容はレビュー実施時点のものになります

1.Webカメラ本体
2.リモコン
3.電源アダプター
4.USBケーブル(Type-A to Type-C)
5.L字型取付金具
6.マウント取付用ネジ
7.クイックガイド
8.保証書
9.USB Type-A to Type-Cアダプター

以上のほかに、オプションとしてUSB3.1延長ケーブル(10mおよび20m)、ミニDIN6/RS232変換アダプター、折りたたみ式カメラマウントも用意されています。

アバーは、4K対応Webカメラとして、小会議室向けの「CAM340+」を販売していますが、今回紹介する「CAM540」は、4K対応のラインナップの中では、7人~24人の大規模会議室に対応した製品という位置づけになります。

Webカメラ「CAM540」の本体をチェック

Webカメラ「CAM540」の本体をチェック

以前に同じくアバーの4K対応Webカメラ「CAM340+」をレビューしましたが、小規模会議室向けである「CAM340+」の固定焦点カメラを搭載した、小振りの本体とは異なり、今回の「CAM540」はさらに7人~24人程度の会議室に対応する製品として、大きなカメラとパンチ・チルト・ズームができる仕様になっています。

続いて、カメラ本体部分に関してですが、まず本体はカメラ部とそれを支える回転台で構成されており、回転台の前面には赤外線受光部が配置されています。一方、背面には電源差込口、USB端子、RS232端子、リセットボタン、Kensingtonロックが装備されています。さらに、本体底部には取り付け用のネジ穴も備わっています。

Webカメラ「CAM540」をセットアップしてみよう

Webカメラ「CAM540」をセットアップしてみよう

セットアップの手順については、同梱のUSBケーブル(USB3.1 Type-C)をプラグ&プレイでPCと「CAM540」とつなぎ、電源アダプターを電源差込口に差し込むだけです。もちろん、あとは電源を入れ、Web会議ツール側でWebカメラの設定を行う必要がありますが、Webカメラを使ったことがある方であれば、何の問題もなくセットアップできるでしょう。

なお、USBケーブルにはネジによるロックをかけることができるようになっています、このロックは、アバーのプレミアムWebカメラのユーザーからのフィードバックを元に、採用されたもので、このロックを使うことで端子に接続されたUSBケーブルをしっかり固定し、ケーブル抜けを防止できるようになっています

また、カメラコントロール用にRS232端子も搭載されているほか、アバーが提供するプレミアムWebカメラの専用管理ソフトウェア「PTZ App」でも、普段使いでは十分なカメラ設定や、制御などができるようになっています。

この「CAM540」の設置場所は自由自在で、ディスプレイのベゼル上部もしくは下部、あるいはディスプレイと隣接する会議テーブルの上と、環境に応じて設置場所を選ぶことができます。
ディスプレイの上部であれば、専用のカメラマウントを使い、その上に固定する形になります。ただし、ディスプレイは32インチサイズ以上をアバーでは推奨しており、あまり小さいディスプレイだと、カメラ本体が不安定な状態に置かれ落下する恐れがあるとのことでした。

あとは、部屋の大きさやレイアウトに応じて、パソコンとカメラをつなぐための延長ケーブルを追加で使用することもできます。光ファイバーを使った、純正オプションのUSB延長ケーブルで最長20mまで対応しています。そのほか天吊りや壁掛けにも対応しております。後述の16倍ズームも組み合わせると、大きな会議室や教室、講堂などでも活用できるのではないでしょうか。

Webカメラ「CAM540」のカメラ性能をチェック

今回は、「CAM540」の実際の性能を確かめるため、以下の環境下で検証を実施しました。

①会議室Aに設置されたディスプレイを使用し、「CAM540」の映像の検証を実施
②WEB会議ツールを使用して、会議室Aと会議室Bをつなぎ、「CAM540」の映像の検証を実施

Webカメラ「CAM540」のカメラ性能をチェック01

「CAM540」は7~24人の大規模会議室での利用に適したWebカメラで、画角86度に4K CMOSセンサーを搭載し、最大4K/30fpsを実現しています。
また、1080p、720p、640×480、320×240と複数の解像度をサポートしているため、主要なWeb会議ツールの解像度にも合わせやすく、Web会議の映像品質を十分引き出した映像を出力できるでしょう。

「CAM540」の画角は86度ですが、一般的な縦長の会議テーブルを想定したWebカメラと考えると画角86度は十分な画角と言えるでしょう。もしかすると、画角120度の「CAM340+」を使用している方からすると、少し物足りなさを感じるかもしれないですが、仮に大規模会議室に120度の画角のカメラを持ち込むと、たとえば什器や洋服掛けなど、余計なものが映り込む可能性も考えられますので、この画角の絞りは実用を考えた、適正かつ十分な広さだと思います。

もし画角の範囲外の物などを映したい場合は、「CAM540」のパン機能を使えば、左右±160度まで撮影範囲を広げることでき、会議室内の隅々までの様子を首振りで十分に捉えることができるはずです。
さらに、チルト機能を使えば上90度・下30度と、天井の様子から会議テーブルの上にある書類なども難なく映すことができます。

「CAM540」は大きな会議室に必須な、十分なズーム機能も持っており、パンチルトに加えて、最大16倍ズームも組み合わせて使うことで、自在に部屋の中の様子をカメラでとらえることはできるでしょう。

Webカメラ「CAM540」のカメラ性能をチェック02

ちなみに、2.5m先のホワイトボードに書かれている、わずか数センチの大きさの文字にズームをしてローカル画面で確認してみましたが、はっきりと視認することができました。また、「CAM540」を設置した会議室と、もう一方の部屋をWeb会議を繋いでみましたが、相手の表情までわかるクリアな映像品質、そしてホワイトボードの文字も問題なく共有することができました。

今回のレビューではフルHDのモニターを使用しましたが、4Kモニターであればかなりきれいな映像を出せたのではないかと思います。

次に、パン・チルト・ズームの各動作をさせるときのモーター音に関しても気になるところですが、「CAM540」については普段のオフィスの環境音の中では、全く聞こえないといっても過言でもないほどの静かさでした。モーター駆動部あたりに耳を当てて、ようやく「これってモーター音かな」という程度の音量です。

Webカメラ「CAM540」のカメラ性能をチェック03

付属のリモコンはアバーの各Webカメラ共通のもので、パン・チルト・ズーム時や最大10カ所プリセットなどの機能を、リモコンで操作することができます。

Webカメラの使い勝手を向上させる、プレミアムWebカメラの専用管理ソフトウェア「PTZ App」(Windows/Mac)もアバーより提供されています。「PTZ App」では、ホワイトバランスや明るさ、シャープネスなどカメラ設定値の変更のほか、パン・チルト・ズームといったカメラ制御、ファームウェア更新(自動もしくは手動)、診断ツール、ライブビデオ表示などの各機能を利用することができます。

このソフトウェアは下記Webページより無償でダウンロードできますので、興味がある方はぜひ利用してみてください。

プレミアムWEBカメラ専用管理ソフトウェア「PTZ App」

Webカメラ「CAM540」の便利な機能

Webカメラ「CAM540」の便利な機能

「CAM540」は4Kの解像度に対応し、ほぼ全方位をカバーする首振りの範囲が大きいパンチルト機能、さらには大きな会議室でも、遠くのものを難なく捉えることができる16倍ズームを搭載し、設置場所も自由自在で、普段の会議では全く申し分ない性能と機能を持つWebカメラであることが、今回の検証でよくわかりました。

続いては「CAM540」に搭載されている便利な機能について、最後に紹介したいと思います。

「CAM540」には、最大10カ所のカメラ位置保存ができる「プリセット」、「スマートフレーム」という便利な機能が搭載されています

上図では、人の顔に四角い枠が表示されていますが、これはWebカメラ側で参加者数を自動認識して、カメラの画角を自動調整してくれる「スマートフレーム」機能が動作している様子を表しています。

この「スマートフレーム」機能を使用すると、例えば会議の参加者が8名いた場合、カメラは8名全員が画角内に収まるよう、カメラの撮影範囲を自動調整してくれます。「スマートフレーム」機能を使えば、自動で最適な撮影範囲に調整してくれるので、リモコンで手動でカメラの調整をするなどの手間を省くことができます。ちなみに参加者が8人から3人に減った場合、また元の8人に戻っても、その都度画角を自動調整してくれるので、大変便利です。

一方、すでに決まったアングルやズームなどを設定保存しておきたいとなると、最大10カ所までのカメラ位置の保存ができる「プリセット」機能が役立つでしょう。

Webカメラ「CAM540」は「スマートフレーム機能」や「プリセット機能」を組み合わせるて活用することで、Web会議の効率をより向上させてくれること間違いないでしょう。
自社の会議室やウェビナーなどに最適なWebカメラの導入をお考えの方は、アバーのWebカメラ「CAM540」を検討してみてはいかがでしょうか。

(文・写真=CNAレポートジャパン 橋本啓介)

※本記事は、CNAレポートジャパン 橋本啓介氏による製品レビューレポート「CAM540の実力検証、新しいデザインと小型化、自在な設置を実現」を、「WEB会議DEどうでしょう」向けに再編集したものです。

<CNAレポートジャパン 橋本啓介氏 Profile>

遠隔会議システムアナリスト。NTTに1991年から2001年まで在籍。テレビ会議システムのマーケティングを担当したほか、テレビ会議多拠点接続サービス事業を提供する、NTTフェニックス通信網(1997年設立、現在・NTTビズリンクヴィジュアル・コミュニケーション事業部)の事業立ち上げプロジェクトに参画。
2001年に遠隔会議システムのリサーチおよびコンサルティングを行う、CNAレポートジャパンを設立。

CNAレポートジャパンWEBサイト

Webカメラのデモ機無料貸出しで、高品質なWeb会議を体験

CTA-IMAGE アバー・インフォメーションでは、お客様にWebカメラのデモ機を体験利用いただき、求める機能や、活用イメージの明確化など、導入検討の参考にしていただくため、Webカメラのデモ機無料貸出しを実施しています。

製品紹介カテゴリの最新記事